好きだった話

あなたはいつも端っこで、

あなたが好きなんだって友達に言うたびに

「どうして○○なの?」

って、言われてきた。

それでも私はあなたが好きだった。大好きで、大好きで仕方がなかった。いつも、私の幸せの中心はあなただった。

だから、

あなたを好きじゃなくなるなんて、

あなたのファンじゃなくなるなんて、

今まで考えられなかった。

 

 

 

 

 

 

彼を好きになったことがそもそもの奇跡だったと思う。私はジャニヲタになるまではジャニーズなんて全く興味なかったし、むしろ2次元が好きだったから。笑

 

 

彼の名前と顔が初めて一致したとき、私はどうしてか(私、この人のこと好きだな)って思った。彼の顔がタイプだったのか、それとも今まで免疫のなかったジャニーズだからかっこいいと思ったのか、私には全くわからないけど確かにあの時私は彼を好きだと思った。

 

 

盲目ヲタクみたいなこと言わせてね。さっきも言ったけど私が彼を好きになったのは、本当に奇跡だと思う。実は降りることに決めた今もまだ思ってる。笑

 

 

 

初めは姉がJUMP担になったことがきっかけだった。驚きを隠せなかった私は学校の友達に何故かそれを言った。何してんだバカヤロー!!って言いたい気持ちは抑えて、、、

そしたらその友達が偶然ヲタクまではいかないけどジャニーズが好きだった。そこで勧められた番組を見て、っていうか、大部分を見逃してつけた瞬間に彼が写った。普段は彼が番組の終盤で映ることなんて95%ないのに!!!なのにちょうどだった。本当に彼のVTRが始まる2秒前とかそんなもん。

そっからはまあズルズルと沼に入っていった。

自慢させてね?まず

姉がJUMP担になったことそれを話した友達が番組を勧めてくれたこと普段なら全く映ることのない終盤で映ったことその日のその時間にテレビを見たこと

 

その全てが重ならなかったら。もし1週でも、5分でも遅かったら。私は彼を好きになっていたのだろうか。

ね??すごいでしょ??(降りるんだからやめなさい)だから奇跡だったと思う!世の中無駄なことなんてきっとない!!!、、、ふふ。なんか恥ずかしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなふうに彼を好きになった。グループも好きになった。

今まで

見ることのなかったMステを見るようになった。

買うことのなかったCDを買うようになった。しかも何形態も。

気にすることなかったCMに反応するようになった。

見ることのなかったドラマ、映画を見るようになった。

存在することのなかった気持ちが私の中にできた。

こんな気持ちになれたのも、全部ぜんぶ、あなたのおかげ。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたには感謝しかありません。本当にありがとう。降りるか迷うようになった理由が理由だから、最後まで全部の思い出が綺麗なものではなかったけど、あなたを好きになったこと、なにも後悔してないよ?

今までかけてきたお金も時間も、全部ぜんぶ、私の宝物だったよ?全てが綺麗な思い出ではなくても、私にとってはキラキラ輝いてたよ?だからね、もっと自分に自信を持って?あなたはあなたが思っているよりも、何十倍も、何百倍もかっこいいんだよ?

 

 

 

 

 

自分はバランサーだから、って一歩引いてグループを見てから発言してたこと、そんなことができるあなたは、私の誇りでした。

 

 

綺麗なダンス、

 

 

 

ちょっと掠れた声、

 

 

 

優しいハスキーな歌声、

 

 

 

クソガキみたいにいつも笑顔でいたところ、

 

 

 

「笑顔」ってTシャツに書いてたくせに自分は真顔なところ、

 

 

 

本当は人見知りで陰キャなのにカメラの前ではにこにこしてくれてたところ、

 

 

 

ファン想いでいてくれたところ、

 

 

 

誰よりもグループを愛していたところ。

 

 

 

あなたを構成する全てが、私には魅力的で、とてもとてもかっこよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ねえ。どうしてそんなに変わってしまったの?

私が好きになった頃のあなたはもうどこを探してもいないの?

何度も何度もそう思ったけど、それでも彼を応援してついていっている人はいて。やっぱり、私が悪いんだろうなあって思うしかなくて。

だって彼を否定するなんてできない。あんなに陰に隠されていたのにあんなに努力して今の所まで登りつめたんだもん。そんな人、否定できないよ。

だから、私が言えることは、言いたいことはこの言葉だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、Kis-My-Ft2

 

 

 

ありがとう、舞祭組。

 

 

 

 

ありがとう、二階堂高嗣くん。

 

 

 

本当に、本当にありがとう。

私の初めての担当があなたでよかった。

私はもうKis-My-Ft2から、二階堂くんから離れてしまうけど、グループとしても、個人としても、もっともっと前に進んでいってほしい。降りたことを後悔するくらい、大きくてたくさんの人から愛されるようになってね?

 

 

 

 

(どうして担降りなんてしちゃったんだろう)って思えるくらい、(こんな素敵なグループになるなら降りなきゃよかった)って思えるくらい、いっぱいいっぱい輝いて、たくさんの光を浴びて、私が後悔するくらい、かっこよくて誰からも愛されるようなグループに、人になってください。

 

 

 

 

最後に私がお金を払うのは舞祭組のアルバムだけ。今まで耐えてきた4人が、もっと輝けますように。たくさんの人に知ってもらって、二階堂くんが大好きだった舞祭組が、みんなから愛されますように。4人の今までの努力が報われますように。そんな願いを込めて、最後に買わせていただこうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの長くて美しい指が好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの大きなお顔が好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの少し掠れた声が好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの綺麗なダンスが好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのハスキーで優しい歌声が好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのキラキラした笑顔が好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの可愛くておバカなところが好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのファン想いなところが好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのグループ大好きなところが好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともっと、伝えたいこと、好きなところはたくさんあるけど、これ以上考えたらもっと泣いちゃうから許してね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはいつも端っこで、
あなたが好きなんだって友達に言うたびに
「どうして二階堂なの?」
って、言われてきた。

 

 

 

 

私は二階堂くんの全てが大好きでした。

他の人に理解してもらえなくても、二階堂くんへの気持ちに嘘はありませんでした。二階堂くんのファンでいたこと、後悔してないし、心から幸せでした。私の誇りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのことが心から大好きでした。

今までありがとう。二階堂高嗣くん。

本当に、ありがとう。幸せでした。